スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  野ブタ。をプロデュース(5)  -  2005.11.13.Sun / 11:21 
第5話。相変わらず彰にぞっこんです・・・。

今回のキーワードはキャッチボール。(これって、コミュニケーション?)
受けるだけで精一杯だけど、人の気持ちに応えて「ありがとう」のボールを返したいというノブコ。
一見、上手にキャッチボールしてそうなんだけど、実はキャッチするどころか本音のボールを投げててもいなかった修二。
ボールの正体は前回に引き続き「こ・こ・ろ」。

修二にとっちゃ、彰もノブコもまるで異星人。違うか、修二が異星人なのか・・・。
ビラ事件の後、思わず出た怒りの言葉。初めて明かした修二の本音じゃない?
彰に連れまわされて知った、ノブコ(ひと)の気持ち。
そうして、心から「こうしたい!」って思えたんだよね。
修二くん、できたじゃん。初キャッチボール成功、おめでとう!

初と言えば、もう一方の初は『恋』
自分の気持ちに戸惑い、ジタバタする彰が可愛くてしょうがない。
でも、そこは男の子。やるときはビシッと決める!
水族館でノブコを助けるキミはかっこよかったよ・・・。
白馬に乗った王子様に見えたのは私だけ?
恋を意識してからのノブコを見る彰の表情が、と~っても優しいの。
コレ、明らかに前回までと違うよね。まさしく、愛を感じるよ。

今回、一番好きだったシーンは、救急車の中の「優しい手」のシーン。

彰の優しさが伝わります。
最初から彰はノブコ自身を見てきたんだよね。
しかし、やまぴぃのぷくぷくホッペ触ったんだよね。真希ちゃん羨ましい~!!

彰とノブコのキャッチボールのシーンも良かったな。
ノブコの言葉にホロリとしてしまった。
夕暮れ前のちょっとセンチになる時間。色彩がとっても綺麗・・・。
それと、水族館の巨大水槽の前で佇む彰。やっぱ、いい男は絵になるわ~
あそこは、八景島ですか?余談ですが、ひさは水族館大好き。
特に、葛西臨海公園のマグロの回遊。1日いても飽きません。

ところで、彰は1億円の「いきもの図鑑」買ったんですか?
いくらゴールドカードでも、1億円は無理でしょう。
それから、不気味な笑い声の主だった九官鳥。なんかの、伏線・・・?

しかし、ビラを撒いた犯人。いったい、誰なんだろう?
前回はもしかしたらまり子?なんて思ったけど・・・。
もしまり子なら今回かなり高感度アップした分、相当腹黒いことになるよね。そんなに悪い子に見えないよ~!

来週はいよいよ彰のバックグランドも判明しそう。・・・楽しみ!
しかし、このドラマ『野ブタ。プロデュース』かも・・・。

スポンサーサイト
from まりな

どうも、始めましてまりなですvv
私、彰のキャラ大好きですv-238
私も、日記書いてるんでよかったらお暇な時に来て下さい^^

2005.11.13.Sun / 16:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from ひさ

まりなさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
最初は、どうなることか?な~んて、思わせておいて・・・。
彰、ホント素敵ですよね~。
まりなさんの日記、楽しみです。後で、お邪魔しますね。
また暇な時、遊びにいらしてくださいなi-87

2005.11.13.Sun / 21:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 
楽しみにしていた第5話こんちわ(=゚ω゚)ノ今週は登場人物全員が色々な感情に包まれてましたねぇ☆テーマは『悪夢のデート』昨日はバタバタしていてUPするのが遅くなりましたが、今週も箇条書き+αで感想行きたいと思います♪
2005.11.14.Mon .No6 / ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`) / PAGE TOP△

 プロフィール 

ひさ

Author:ひさ
仙台在住ミーハーオバサン
ふと気がつくと山下歴も10年選手?
はははっ!一体何やってんだか・・・
完全に不定期更新ながらつらつらやっています
コメントいただけたら嬉しいです~
一緒に山下さんを応援しましょ!

  

 ブログ内検索 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 P的日常 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。