スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  コード・ブルー 第5話  -  2008.08.02.Sat / 14:52 
コード・ブルー 第5話 感想行きま~す!!
って言ったものの、実は大した感想なんて出てきそうもない。
つーか、感想書く暇あったら、もっと観ていたい気分。
はははっ!そんだけ良かった!!
こんな藍沢先生を観たかった!!
というより、こんなコード・ブルーを観たかった!!って・・・。


まずOPから今までとは違ってた5話。
前回までの・・・から、いきなりの藤川。(笑)
林さんの悪ふざけとも思える藤川絡みのこんなシーン。
毎回登場しますよね。
で、くだらねぇ~とは思いつつも、やっぱりプッ!と笑っちゃうひさ。
結構好きだったりします。
で、いきなり私服で登場の藍沢先生(&緋山先生)。
う~~ん、やっぱり斬新だ!!


さて、今回のサブタイトルは『過去』。
まあ、間違っちゃいなんだろうけど、
どちらかというと「必要とされる存在」という大きな柱があったような。
例え年金目当てでも家族に必要とされるおじいちゃん。
寝たきりの恋人(?)に必要とされるナース。
災害の現場で瀕死の患者に必要とされる医師。
家族に必要とされてる若いパパさん。
ある意味、黒田にダメダメの烙印を押された藤川でさえあの場では必要な存在だったわけで、
人間は誰かに必要とされたいから頑張ってるって言う藍沢の言葉、
ひいては患者に必要とされる外科医になりたいから一番になるっていう藍沢の思い。
確かに誰かに必要とされるのは大きな喜びではあるのだけれど、
それだけに存在意義を見出そうとしている藍沢がなんか哀しい。

よく親の愛情を得たいがためにいい子になろうと頑張る子っているけれど、
それって、いつ自分がいらない!って言われるかもしれないっていう不安を抱えているからだったりするよね。
藍沢の場合、愛情云々というより、遠慮だとは思うけど、
藍沢も子供の頃から自分の存在意義を見出そうとしてきたんだろうな~なんて思えたわけで、
敢えて心を閉ざそうとしているのは、温かい感情と一緒にある負の感情を閉じ込めるためでは、
白石の「横山さんが藍沢に命を預けたのは、技術だけじゃない」といった言葉を遮った藍沢。
もちろん、白石が何を言おうとしてたのかもわかっていただろうし、
きっと、そうやって自分を保ってきたんだろうな~なんてね。
やっぱ、哀しいわ・・・。



で、やっぱり見所は大規模災害となった現場でのシーン。
緊急のコールが鳴ったっとこから、ひさのテンションも上がる上がる!!
タッチアンゴーで藍沢達が乗り込んで・・・。
藍沢と緋山は別の意味で盛り上がっちゃってるし。
いいな~、二人の火花を散らす感じ好きです!!

うふふ。。。実はここで小休止したひさ。
これから始まるであろうドラマの盛り上がりに期待しつつも、
なんか、一気に観ちゃうのが勿体無いような気がして・・・。
(本当に観たいドラマは常に追いかけ再生で観るという変わり者です。)
そうそう!これこそが、ドクターヘリ!救急救命!!
緊迫感のある映像とそれを煽る音楽・・・。
もうすでに、感動してるし。(苦笑)

トリアージ絡みの緋山と三井のやりとりも好き。
これまでしっかり緋山のキャラ設定をしてきたから、この反応も納得。
つーか、やっぱり戸田ちゃん上手いわ!
患者を搬送するヘリの中で目にいっぱい涙を溜めて打ちひしがれてる緋山。
すっごい応援したくなります。


一方、藍沢先生。
大惨事を前にしても落ち着いている藍沢先生、もうフェローじゃないね。
不幸にも串刺し状態になってしまった横山さんを前にしてもそう。
動じることなく、淡々とやるべきことをやり、説明する藍沢。
かといって、事務的なわけでもなく、非常に誠実。
子供の写真をみて一瞬和んだ表情の変化は見逃せないね。
ある意味山崎さんと山下さんの演技対決となったこのシーン。
台詞の応酬と、藍沢先生の細かい表情。
本当に見ごたえ充分でして、
で、開胸から蘇生までのハラハラドキドキ・・・。
もう、何度観ても同じように感動しちゃう。


ひさの萌えどころも、やっぱこの藍沢先生。
白石に指示する口調がたまらない。
一か八かの勝負に出ようと決めた後の覚悟を決めた言い方。
黒田の指示で開胸することになり、
躊躇する白石に現状を認識させようとする言い方。
その後の「呼吸を頼む」のなんと穏やかなこと。
横山さんの体を引き抜く際の頼もしい口調。
で、一転、VFに陥ったあとの緊迫した口調。
ひぇ~~~!!!
書き出してるだけでもドキドキするっていうか、
やっぱ、声なんですよ。
本当に、いい声してるな~



敢えて、文句をつけるなら、相沢先生が拳を振り落とすシーン。
以前、別のドラマでも見たことあるけれど、
直接胸を強打してショックを与える医療行為だそうで、
別に悔しさにまかせて叩いたら、蘇生しちゃったってわけでもないんだよね。
拳までの数十秒、藍沢先生のみをクローズアップし、
無音というTVでは考えられないような演出。
息を呑むシーンになってたけど、その辺が伝わったかどうか・・・。
「これしかない」でも「戻って来い!」でも「行くぞ!」でもいいから、
藍沢先生にひと言喋らすだけでも説明になったと思うんだけどな~


修羅場の後の救命。
なんか祭りの後のようですね。
藍沢先生は次の獲物を見つけて闘志メラメラって感じだけど・・・。


で、来週は藍沢先生のおばあちゃんが・・・。
藍沢先生のより内面に入っていきそうで楽しみです。
予告のベットの手すりにしがみつく藍沢先生が悲しげで・・・・。
でも、ひさ的には涙は封印ってことでお願いしたいな~
藍沢先生に涙は似合わないから!
ひさの独断と偏見ですので、あしからず・・・。

スポンサーサイト
テーマ:山下智久 - ジャンル:アイドル・芸能
from kabo

こんばちは~~v-398

ひさちゃん、地震は大丈夫ですか~~?
最近は本当にこわいね・・でも慣れっこになるのが一番怖いから、ちゃんと避難の準備だけはしていてね。
大切なPちゃんも、まとめておいてねv-352

今週も、ドキドキ藍沢先生観させて頂きました。
ひさちゃんの感想も、毎回だけど、頷きながら読んだよー。ふふふ・・・

休憩しながらみるなんて、可愛い!!
・・・・M?・・・・笑

必要とされてる柱・・本当にそうだね。いつも、そんな柱があって、それにプラスされる緊迫感が面白さのポイントなんだよね。
どおりで、私が毎週磁石でひきつけられるように木曜日は早く帰宅するわけですね 笑

拳のシーン。
カッコよすぎて、私まで心臓がバクバクしましたよー!
私には、戻って来い!!と聞こえたような・・・笑

来週は涙か・・
私も涙は要らないなーー。
でも、内面はたのしみだよねi-233

2008.08.02.Sat / 20:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from youko

ひささん、こんばんは。

5話、良かったですねえ。

藍沢先生ももちろんかっこよかったんだけど、ドラマとして良かったと思う。それもこれも、藍沢先生を中心に話をまとめてきたからじゃないかなあ。核となるキャラを中心にしてやってこそ、群像劇も生きてこようと言うものよ。

それにつけても、Pちゃん演技上手すぎ!もう、迫力すごいし、際だってましたわ。

私、telの黒田先生の「開胸しろ」の言葉を聞いて嬉しそうな藍沢先生の顔を見たら、なんか胸がつまってしまって、CMの間ずっと嗚咽状態でした。哀しい、辛いシーン以外で泣くのって初めての経験で自分でもびっくりでした。だって藍沢先生の気持ちがすごく感じられてどうしようもなかったんです。

黒田先生の言葉で「道」がひらけたんだよね。横山さんを助けられる可能性が出てきたから、嬉しそうな顔になったのよね。ただ、そのまま鉄骨を引き抜いただけではほとんど助かる可能性はないと解ってたんだと思う。だから白石先生に「お前は無関係でいい」って言ったんだ。助けられなかった時に責任は自分が取るからって・・・前回、黒田先生に「賭けには勝ち続けろ。1度でも負けたらお前の医者としてのキャリアは終わりだ」って言われてたのに・・・勝てる見込みはほとんどないってわかってたのに、それでも自分のキャリアをかけてでもやろうとしたんだよね。なにもしなければ死ぬだけだから。

今、思い出してても涙が出てきてしまう。藍沢先生が素晴らしすぎて・・・

>やっぱ、声なんですよ。
本当に、いい声してるな~

私も、Pちゃんの声好きです。それに声自体もいいんだけど、すごく言葉に説得力があるのね。普通の時も心に染み入ってくる感じなんだけど、なんかあった時はすごくハリがあって、ダイレクトに響く感じなんです。

鉄骨から身体を引き抜くことを横山さんの説明する時のやさしい話方がもうたまらなく好き。

>敢えて、文句をつけるなら、相沢先生が拳を振り落とすシーン。

私は言葉はなくてよかったと思う。ちゃんと、Pちゃんの演技、藍沢先生の表情で伝わったと思うよ。

「何と言っても40秒の沈黙&一撃のシーン。あそこはドラマとして圧巻でした 」

これは私の好きなドラマブロガーさんのコメントなんですけど、絶賛でした。それまでの4話はぼろぼろの評価だったんですよ。辛口の方なんですけど、うれしかったですね。

脳腫瘍のおじいさんのことは、藍沢先生は最初からわかっていたのね。「家族って勝手なものだな」っていってたから。人の気持ちのわかる人ですね。

緋山先生は好きなんですけど、最後、三井先生に「どうしてそんなに冷静でいられるんですか?」と聞くのは、いやだなあ。どんな答えを期待していたんでしょう?三井先生がかわいそうでした。

あと7話、すごく楽しみになりました。

いつもコメントが長くなってしまってごめんなさい。なんか今、Pちゃんに堕ちてから1番テンションが高いかもってくらい高いです。

2008.08.02.Sat / 20:58 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

ひささん、こんばちわ!

5話、良かった~v-360v-360

VFで手を引き抜いてからのシーンは、私も、あれが良かったと思います。

サイレントだからこその迫力というものを感じました。

「生きろ」という祈りなのか願いなのか、藍沢先生の思いのエネルギーの塊りの拳は、見ている私の五臓六腑にも響きました。
効果音のせいかと思い、消音にして見ましたが、何度もずしんときます。

まさに山下智久が藍沢耕作そのものになっているからこそのシーンではないでしょうか?

他にもいろいろあって語りつくせません。

またまた叫んじゃいますv-363v-363

山下智久くん、藍沢先生、

好きだ、好きだ、大好きだ~v-343v-344v-343v-344v-343



2008.08.02.Sat / 21:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from ひさ

毎度毎度遅くなってごめんね~
6話の放送後になっちゃいましたが、コメレス行きま~す!

>kaboちゃん
あははは!Mって・・・・。
なんか、kaboちゃんには全てバレバレだね~(笑)
地震はもう大丈夫みたい。
一時続いていた有感地震も最近はパッタリ。
でも、忘れた頃が危ないんだよね~
そうか~!kaboちゃん、木曜日には早く帰れてるんだね?
よっかった!これも愛だね~
やっぱり、私はこの5話の緊迫感が好きだな~

>youkoさん
5話の藍沢先生は男らしさ全開でしたね~
もうね~、緊迫した現場での藍沢先生にクラクラしてました。
本当にあの藍沢先生は素晴しかった!!
そうか~、ドラマ関連のブロガーさんも褒めてたのね?
Pファンじゃない人にも認められるのって、やっぱ嬉しいね~
長文コメント、大歓迎よ!!
こちらこそ、いつもレスが遅くなってごめんなさい。
コメント読むの楽しみなんだ~
私もすっかり藍沢先生に堕ちちゃった。

>タナクリさん
今日はありがと!
サイレントだからこその迫力・・・。
うん、それわかる!
普段、音が溢れているからこそ、効果的だね。
山下さん、確かにいい演技してたね~
あのブルーのユニフォームを着て歩いてきたら、
もう藍沢先生にしか見えないもん。
タナクリさんも相当きてるな~(笑)


2008.08.09.Sat / 00:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

ひさ

Author:ひさ
仙台在住ミーハーオバサン
ふと気がつくと山下歴も10年選手?
はははっ!一体何やってんだか・・・
完全に不定期更新ながらつらつらやっています
コメントいただけたら嬉しいです~
一緒に山下さんを応援しましょ!

  

 ブログ内検索 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 P的日常 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。