スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  コード・ブルー 第8話  -  2008.08.23.Sat / 16:01 
本日2度目の更新。
コード・ブルー 第8話の感想いっちゃいます!


直前まで見ていたオリンピックの影響で異常なテンションで始まった第8話。
って、異常なテンションは私だけ?
でもね、予告があんなだったわけで、否が応でも期待しちゃいますよね。



サブタイトルは『決断』。
これって第1話と全く同じ!!
もちろん、決断するのは藍沢先生で、事故現場での切断。
シチュエーションもきわめて似ており結果も一緒なんだけど、
彼の決断に至るまでの心情が全然違っているよね。



1話~4話あたりで小出しに披露してきた藍沢の人となり。
で、5話から少しずつ変化しだした藍沢先生の心が、今回のもう一つの決断に至るわけで、
その変化の集大成として描かれたのが、前半のお騒がせ家族。
正直、後半の展開が気になってしょうがなかったひさは、
またまた前置きか・・・。と思ったんですよね。
でも、違った!!!
今回は前半の家族との顛末こそが見せ場だったんですね。
若干余計な台詞も目だったような気がするけれど、
前半を占めるこの顛末を追っているうちに、目いっぱい感動しちゃったという。
で、今まであちこちに振られていた伏線がここで一度解決したというか、
新たな展開の為の第1章(もしかしたら2章かも・・・)が終わったというか・・・。
三井先生の訴訟問題然り、森本先生の胸のうち然り、
もちろん藍沢先生の心の変化も・・・。



そうそう、白石先生もだね。
他のフェローに比べて、いろんな意味で出遅れている感があったのが白石先生。
藍沢先生を始め他のフェロー達は湘北救命センターで、
少しずつ成長し自分の居場所を見つけてきた感があったのに。
なぜか、白石だけがその成長が感じられなかったというか・・・。
もちろんヘリ担当のローテーションに入ってる時点で、進歩はしたのでしょうが。
なかなか伝わってこなかったんだよね。
でもね、今回はその今まで見えなかった白石の成長がきちんと見えました。
お騒がせママから手術の承諾書を貰うシーンもそんなシーン。
で、もっと手っ取り早く伝わったのが緋山とのイヤミ云々の後の白石の笑顔。
いつだって、ずっと緊張して、ギリギリまで神経張り詰めてた彼女の笑顔に、
こんな風に笑える日が来たんだって思ったんだよね。



フェロー4人の立つ位置も微妙に変わったよね。
てんでバラバラの方向を見ていた4人が、
いつの間にか気持ちを共有する存在になっていたんだよね。
冒頭のエレベーターのシーンやオペの前のやりとりのシーン好きです!



と、一度リセットされた物語が次の段階に・・・。
って、ちょっと待てよ!
このままだと藍沢先生に一切触れずに終わっちゃいそう。
ここはP担らしく藍沢先生も語らねば・・・。
そこはやっぱり結菜ちゃんとのシーンでしょ。
始めは憎たらしいとさえ感じた結菜ちゃんの名演技は拍手もの・・・。
どんどん可愛く見えてくるから不思議だね。
nikuさんお薦めの藍沢先生と結菜ちゃんの後姿も本当に良かった!!
で、結菜ちゃんに翻弄される藍沢先生がすごくいい。
子供相手でも淡々と接するんだけど、優しくて・・・。
なんかね、別の意味で宝物をもらったような気になります。



さて、決断。
もちろん大変なのはこれからだよね。
この悲劇の引き金になったのが、実は白石の成長ってのも皮肉な話でして、
自分のミスで黒田の大切な右腕を失わせたとなると、
白石の精神的ダメージは相当なもの。
で、人の心の痛みや葛藤にも目を向けられるようになった藍沢にとっても、
黒田に対する決断が果たして良かったのか悩むだろうし、
白石の心の傷に対しても関係ないって感じにはいかないそう。
ドクターヘリの存続云々なんて話にまで至るようで、
終盤の大きな流れが動き出したって感じですかね~



しかし、ドラマとはいえ過酷だな~。
いきなりハッピーエンドに持っていくのは無理があるけれど、
過酷な運命を背負うことになった黒田先生にも希望の光がさすことを祈るのみです。

スポンサーサイト
テーマ:山下智久 - ジャンル:アイドル・芸能

ひささん、こんばちわe-68

第8話にも泣かされました~。e-263

結菜ちゃん、名演技でしたね。おしゃまな
女の子だけど、やっぱり子供らしくって、かわいかったです。v-424

藍沢先生と結菜ちゃんの二人の後ろ姿、良かったですね~。
泣きじゃくる結菜ちゃんに藍沢先生が「全力を尽くすから」って言って、うなずくシーン、結菜ちゃんに面と向かいあって言うのがいいです。v-345
親子で寝てるのを見たときの藍沢先生の表情もv-345v-345v-345

田所先生が「湘北に戻れば黒田先生が待っているんですから!」と言っていたその黒田先生がこうなってしまった今、湘北はどうなるんでしょう?

藍沢先生、白石先生、黒田先生、それぞれがどうこの状況を受け入れて、乗り越えていくのか私には想像もつきません。
残り数話、どうなっちゃうのv-362

藍沢耕作よ、「自然に逆らわず生きろ!!」
(って、この場合意味あるのか?)
なんとなく言ってみたくなりました。i-236



藍沢先生、

好きだ、好きだ、大好きだ~v-343v-343v-343v-343v-343



2008.08.24.Sun / 20:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from youko

ひささん、こんばんは。

8話もよかったあ!

今回1番感じたのは、フェロー達の成長ですね。仲間意識もそうですね。で、自信も付いてきてちょっと浮かれているところを、黒田先生の事故でドーンと落とすという展開。ラストスパートにむけて楽しみです。

だから、私は次の段階というよりつながっていると思います。

結菜ちゃんに「全力をつくす」というところは藍沢先生のやさしさと共に強さを感じます。厳しいともとれるくらい強いお顔だったと思います。

藍沢先生の心の変化については皆さん、おっしゃってるんですけど、私は6話で藍沢先生の人物像がわかった気がしているので、それ以降の変化はあまり感じません。ずっとピュアでクールな藍沢先生です。揺れているのかなとは思いますが、それでも確固としたものを持っていて強いんですよね。

黒田先生については、実は私はてっきりご臨終だと思っていたので、「なーんだ切断かあ」って感じです。ははは、ひどいですねえ。
まあ、たぶん、外科医生命を絶たれたことが黒田先生のプライベートでは良い方向へ向くのではないでしょうか。別れたご家族とのことなどですね。

ああ、それから、帰省していた長男と話をしたのですが、長男に言わすと、藍沢先生は進藤先生の若い頃でイメージぴったり重なるとの事です。いろいろ若い時はあったけど、経験を重ねて「救命救急」の時のような完璧で最強の天才外科医になったんですと。進藤先生は私にとっては医者の指標ともいえる太陽のようなキャラなので光栄ともいえるんだけど・・・私はちょっとイメージ違うんですけどね。

まあ、ともかくすごいキャラだと思います。

2008.08.24.Sun / 21:18 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from まる・ち

こんばちわ!v-354
ひささん~色々と~って意味ありげに聞こえちゃうね?!
兎に角です、ありがとうございました!!v-411

8話~
私の好きなシーンはですね~
小生意気な女の子がしゃくりあげるほど泣いて居るのを
(子役さんに~拍手!!爆)
冷静に励ましている藍沢先生v-343

「おじいちゃんもお父さんも・・・手術するのはこの病院で1番の先生だ」

この後・・・ここで(だから)「大丈夫だよ」なんて言ってくれては困ったのですが

「全力を尽くすから」

この場面でのこの台詞がジーンと来て好きです
子供相手ではあるけれど、厳しい現実はごまかさず
精一杯の思いやりで「全力を尽くす」と言ってくれる
まじで、この台詞の藍沢先生の声のトーンがv-346v-346v-346
やられちゃったですねぇ~v-398

黒田先生はいっそ、死んでしまった方が良かったのかも

なぁ~んて(跳蹴)
今後の展開にもよりますが、このパターンの
ボディ・イメージの損傷ってのは・・・かなりきついですよねv-404
精神力ってだけでは乗り越えられないって思う
それを今後どう表現してくれるのか?!
期待したいって思います・・・

私なら逃げるしかないと思うから

腕を切られた人、切った人・・・
そして、切らなくてはいけない状況に追い込んだ人・・・
見守る周囲の人達

通常のドラマではない事を期待しますv-364



しかし~山下智久~v-437
なんで、こんなに格好いいのかなぁ~v-343

山ピ~~~大好きよ~v-354

2008.08.25.Mon / 21:55 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from ひさ

>タナクリさん
タナクリさん、いつもありがとう!
ホント、8話も泣かされたね~
結菜ちゃんが上手いのなんのって・・・。
で、どんどん可愛らしくなってくるから不思議。
私も、頷くシーンが一番好きです!
言葉以上のものが伝わってきたよね。
「自然に逆らわず・・・。」
成る程なあ~
私は考えも及ばなかった。
残り2話、寂しいよ~~~!!!

>youkoさん
youkoさん、いつもありがとう!
本当に、フェロー達、成長しましたね~
だからこそ、黒田先生の事故は辛い。
もしかすると、死ぬより過酷な運命だったのかも・・・。
息子さんの進藤先生・・・、興味深いです。
藍沢先生は救命医としても外科医としてもこれからの人、
将来進藤先生みたいな救命医になれたらいいね~。
無口なところは似てるかも・・・。

>まる・ちさん
いえいえ。(笑)
子供相手でも真摯に接する藍沢先生、ほんと良かったね。
言葉少なだからこそ、真っ直ぐに伝わるものもあるのかな~なんて思った次第。
う~~ん、私はしゃべり過ぎかも・・・。
死んだ方が・・・。
う~~ん、難しいね。
でも、「生きててなんぼ。」って梶さんの言葉。
これが結論になってくれることを望みます。
って、9話の感想かッ!

2008.08.31.Sun / 16:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 プロフィール 

ひさ

Author:ひさ
仙台在住ミーハーオバサン
ふと気がつくと山下歴も10年選手?
はははっ!一体何やってんだか・・・
完全に不定期更新ながらつらつらやっています
コメントいただけたら嬉しいです~
一緒に山下さんを応援しましょ!

  

 ブログ内検索 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 P的日常 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。